施術メニュー一覧

  • HOME
  • 施術メニュー一覧

施術メニュー一覧

レディース鍼灸さいとう烏丸五条、主な施術メニュー一覧です。

女性のための鍼灸治療妊娠を望む方へ

  • 不妊鍼灸

    不妊治療が初めての方も、これまで病院に行っても効果が無かった方も、一度東洋医学に基づいた鍼灸不妊治療を始めてみませんか。はりと言っても痛くありません。血行を促進し、母体を健康に保ちます。子宮内膜を厚くし、着床後の高体温を維持しやすくなります。

    不妊鍼灸 >>

女性のための鍼灸治療妊娠後のトラブル

  • つわり外来

    妊娠すると8割の人が経験している「つわり」を、鍼灸の力で和らげます。虚弱体質の女性、ストレス過多、高齢での妊娠という影響で、つわりに悩む方は多いです、院長の私も出産経験者ですので安心してご相談ください。

    つわり外来 >>

  • 逆子治療

    逆子体操や張り止めの薬で治らなかった方、鍼灸治療をご検討ください。逆子に聞くツボにお灸をする事で胎動が増加し、赤ちゃんが動きやすくなります。

    逆子治療 >>

  • 陣痛促進外来

    出産予定日が過ぎても陣痛が来ない妊婦さんへ。陣痛促進剤を使用したり、誘発剤を使い帝王切開前をするに、母子ともに安全な鍼灸治療で自然な形で出産を試みましょう。

    陣痛促進外来 >>

女性のための鍼灸治療美容鍼灸

  • ダイエット(耳つぼファスティング)

    今までどんなダイエットを試しても痩せなかった!という苦い経験をお持ちの方へ。 耳つぼの効果と鍼灸で身体の中の代謝をあげることで、内蔵自体、ひいては体全体の基礎代謝をあげる健康的なダイエットメニューです。
    (院長の私もこれで痩せました!)

  • ダイエット(耳つぼファスティング) >>

  • 美容鍼灸

    当院の美顔鍼(びがんしん)では、鍼先が髪の毛よりも遥かに細い非常になめらかな世界一繊細な鍼をお顔に刺して、顔面の血行を改善に導きます。加齢やストレス、疲労によって乱れたお肌のサイクルを正常に戻し健康を保ちます。

    美容鍼灸>>

子どものための鍼灸治療小児はり

  • 小児障がい

    「PVL」「脳性麻痺」「てんかん」と診断された方はなるべく早くご来院ください。乳幼児期の脳は、人生に一度の驚異的な発達をします。この時期にいかに適切な刺激を与えられるかで子どもの将来が変わります。

    小児障がい >>

  • アトピー

    乳幼児から高校生まで、年齢を問わず効果が期待できます。小児はりは「ささない鍼」ですのでご安心ください。ステロイドに依存しない鍼治療をお試しください。

    アトピー >>

  • 夜泣き

    赤ちゃんは初めての刺激が多く毎日が興奮状態。乳幼児用の小児はりでやさしくツボを刺激してあげることで、自律神経の働きを整えることで、夜まとまった睡眠をとれるようになります。

    夜泣き >>

  • 子供の便秘や痔

    小児はりでお腹や足に刺激を加えることで今まで動きが思わしくなかった腸が活発に動き、排便を促します。1回でも効果が見られることが多いです。食事のアドバイスもさせていただきます。

    子供の便秘や痔 >>

  • 子供の難聴

    子供は成長段階であり、構造上の問題から難聴を引き起こしやすくなります。東洋医学をベースとする鍼灸治療では全身の関連器官の血流改善治療を行うため、病院で治らなかった子どもにも効果が期待できます。

    子供の難聴 >>

  • 気管支ぜんそく

    気管支拡張剤や抗炎症剤(ステロイド)は、長く使うと依存性が出てきてしまいます。 ぜんそくの治療は発作が出ないよう予防の治療がとても大切です。

    気管支ぜんそく >>

女性のための鍼灸治療女性特有の悩み

  • 更年期障害

    当院は、日本で初めて女性専門鍼灸院として認可を受けました。薬を使わず、もしくは併用しながら鍼灸治療を行うことで諸症状をやわらげ、自然に更年期をこえるお手伝いをします。

    更年期障害 >>

  • メニエール病めまい外来

    メニエール病の原因となる場所は薬の効果が届きにくいところ。鍼灸治療は、本来、体に備わっている自然治癒力を活性化し、メニエール病の原因となる部分に集中的に働きかけます。

    メニエール病めまい外来 >>

  • 突発性難聴

    疲労の蓄積や精神的ストレスによる血行障害が突発性難聴の発症に大きく関わっているということが分かってきました。鍼灸治療では患部だけではなく身体全体からアプローチし治療します。

    突発性難聴 >>

  • 腰痛

    女性の腰痛は単なる疲労だけではなくホルモンバランスなども影響しています。当院では、開院当初より女性特有の症状を専門におこなってきたため、安心して治療、健康管理が可能となります。

    腰痛 >>

  • 頭痛

    日本頭痛学会では、治療のガイドラインとして、鍼灸治療をあげています。特に片頭痛に対しては「非薬物療法」として鍼灸治療の推奨度をAに位置づけています。

    頭痛 >>

  • 顔面神経麻痺

    Bell麻痺(ベル麻痺)やHunt症候群(ハント症候群)にお悩みの方。発病してすぐの急性期から、数か月~数年経過した状態でも治療対応が可能です。

    顔面神経麻痺 >>